So-net無料ブログ作成

<詐欺>ゲームソフトにウイルス埋め込み 警視庁が初摘発(毎日新聞)

 ファイル共有ソフト「Share(シェア)」に個人情報を流出させるコンピューターウイルスを仕掛け、被害者に現金を支払えば情報を削除すると持ち掛けて現金をだまし取ったとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは26日、インターネット広告会社「ロマンシング」(埼玉県志木市)社長の男(20)=事件当時19歳=と東京都北区、会社員、岡顕三容疑者(27)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。ウイルスを使った詐欺事件の摘発は全国初。

 警視庁によると、社長は容疑を認め「会社を大きくするため金がほしかった」と供述。岡容疑者はウイルス作成を認めているが、社長との共謀についてはあいまいな供述をしているという。ウイルス作成者の摘発は、ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」でウイルスを不特定多数に配布したとして、京都府警が08年に大学院生を著作権法違反容疑で逮捕して以来2例目。

 逮捕容疑は、09年11月26〜30日、アダルトゲームソフトを装ったファイルに「kenzero」と呼ばれるウイルスを埋め込み、シェアで公開。ソフトをダウンロードした都内の男性会社員(28)ら4人から計約2万3000円をだまし取ったとしている。

 ソフトを使用しようとした利用者がファイルをクリックすると、氏名や住所、メールアドレスなどの個人情報を入力させる画面が現れ、登録すると情報がネット掲示板に勝手に公開されるように仕組んでいた。利用者が情報削除を要請すると、ロ社は「ダウンロードは著作権法違反にあたる。和解金として5800円が必要」とメールを送り付けて口座を指定し、現金を振り込ませていた。

 ウイルス作成は社長が岡容疑者に依頼し、報酬として現金を送金していた。社長が契約していたレンタルサーバーには1456件の個人情報が保管されており、2人が他の利用者からも現金をだまし取った疑いがあるとみて追及する。【町田徳丈】

 ◇後ろめたさ悪用 新たな振り込め

 違法ファイルをダウンロードした後ろめたさにつけ込んで現金をだまし取る今回の手口は、従来のアダルトサイト利用料名目の架空請求詐欺を発展させた新たな振り込め詐欺と位置づけられる。

 「kenzero」ウイルスは情報を勝手に公開する「暴露系ウイルス」。インターネットセキュリティー会社「ネットエージェント」によると、「kenzero」の亜種も確認され、今年3月には5510人の個人情報がネット上に流出する被害があった。このうち661人が流出情報削除と引き換えに、最大で計約380万円を支払わされた可能性があるという。

 事件の背景には、映画や音楽、ゲームなど本来有料で購入すべきソフトがファイル共有ソフトに氾濫(はんらん)し、違法ダウンロードを可能にしている現状がある。今年1月に改正著作権法が施行され、罰則はないものの、違法にアップロード(共有)されたファイルをダウンロードする行為が違法となったことも、被害者の後ろめたさを強めたとみられる。

 捜査関係者は「従来の事件はウイルス作成者の自己顕示が目的だったが、今回は詐欺の道具に利用したとみられ、この傾向は強まるのではないか」と指摘している。

【関連ニュース】
振り込め詐欺:組織の「キング」に賠償命令 被害64人分
詐欺:警察官名乗りカードを詐取 100万円被害 奈良
雑記帳:仁王像がにらみ利かせ犯罪減少? 埼玉・熊谷
携帯電話不正利用:規制強化でヤミ金に貸与 レンタル会社
闇サイト:「道具屋」つなぐ 「振り込め」への架空口座供給源 「金欲しい」面識なし

<柏崎刈羽原発>1号機 新潟県が運転再開容認(毎日新聞)
イベント経費1230万円横領=職員懲戒免職、告訴へ―横浜市の財団(時事通信)
辺野古移設、断じて反対=福島社民党首(時事通信)
<東京都監察医務院>行政解剖の遺体に「かんし」置き忘れ(毎日新聞)
<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)

<鳩山首相>ぶら下がり取材 オープン化の考え表明(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は18日、平日に原則2回応じている記者団による「ぶら下がり取材」について「限られた方々からの取材になるので、オープンな記者会見をもっと活用したいという思いは感じている」と述べた。ぶら下がり取材は記者クラブ加盟の記者だけが参加しており、フリー記者も出席する「オープン会見」に切り替えたいとの考えを示したものだ。ただ首相は「今までやってきたし、今、続けている状況だ」とも述べ、当面はぶら下がりを続ける考えも示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

【関連ニュース】
中国:温家宝首相、30日に来日 31日首脳会談
口蹄疫:鳩山首相、防疫徹底を指示 政府対策本部が初会合
普天間移設:「閣議了解応じず」首相に伝達 福島担当相
普天間移設:「首相発言」で決着も 閣議了解から後退
普天間移設:鳩山首相「厳しい状況は分かっている」

特殊会社天下り 2分の1から3分の1 政府が閣議決定(産経新聞)
「1億円金塊」を返還=ふるさと創生活用、兵庫・淡路市(時事通信)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>「何を信じれば」店舗・消費者戸惑い(毎日新聞)
「反対あっても理解求める」=12日夕、徳之島町議と会談−平野官房長官(時事通信)
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」 (産経新聞)

【from Editor】働く若者を増やさないと(産経新聞)

 愛知県豊川市で先日、一家5人を殺傷した30歳の長男は中学を卒業してから定職につかず、自宅にひきこもっていたという。インターネットが世の中とつながっていると実感できる唯一の手段だったとしても、その契約が打ち切られたからといって、養ってもらっている58歳の父親らに切りつけるというのをどう理解したらいいのか。仮に事件がなかったとして、会社員だった父親の収入がなくなっていた場合、両親のため働くようになっていたのだろうか。

 社会問題化しているひきこもりは、今回の長男のように仕事をした経験をほとんど持たないまま30代、40代と高年齢化しており、生活保護予備軍ともいわれている。

 大阪では虐待事件が相次いでいる。寝屋川市で1歳10カ月の三女を虐待死させたとして逮捕された26歳の父親は、定職につかず家賃滞納でアパートを追い出され、生活保護を受けていた。妻から定職に就くよう求められても「生活保護があるからいい」と受け流し、そのくせ、苦しい生活にいらだちを募らせていたという。

 頻発する虐待事件を取材する中で、働かない、働く意欲に欠けた若い親の実態が事件の背景に浮かび上がる。

 急増する働かない若者。教育関係者によると、その予備軍になる可能性が高いのが中卒者や高校中退者であるという。特に大阪では高校中退の状況が深刻で、平成20年度の府立高校の中退者は2712人で、5人に1人が中退する高校もある。

 中退理由の半数近くが「学校生活・学業不適応」であり、「経済的な理由」は54人しかいない。事態を重くみた厚生労働省は今年度から、不登校になった高校生や中退したばかりの元高校生を放置せず、高校を卒業させて仕事に就かせるための支援事業に乗り出した。高校の授業料無償化よりも、高校中退者をどう減らし、就労させていくかの方が急務だろう。

 この事業に参画しようとしていた学校法人神須学園(大阪府岸和田市)の前川篤さんは、ニートやひきこもりに対し大切なのは「彼らを信じることとあきらめさせないこと」と話し、彼らと交流を深め、「勉強できる人もいる。キミみたいに勉強が嫌いな人もいる。自分なりに一生懸命やれば、それでいい。キミならできる」と励ましていた。ところが、4月3日急逝してしまった。享年73。働く若者を増やしていくための具体策について、その先が聞きたかった。(大阪社会部長 内野広信)

逃亡クジャク、飼い主はどっち!?「ビデオ判定」へ(スポーツ報知)
「グラウンド整備悪い」と中学生殴る=野球部練習で、男を現行犯逮捕−岩手県警(時事通信)
詐欺容疑で山口組系組員ら逮捕=住宅ローン名目で4600万円−大阪府警(時事通信)
ナトリウム加圧ガスが低温=もんじゅで警報、試験に影響なし(時事通信)
<雑記帳>チャグチャグ馬コ、村の観光も背負う 岩手・滝沢(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。